バンクイックの仮審査後はまず借入れ可能

仮審査が通れば間違い無くバンクイックは使える!

バンクイックを最初に使うときに「昔利用していた時に返済の遅延があったから審査に通らないかもしれない…」と考える人がいるようです。どうもそういう人たちが多いのは仮審査があるからのようですね。

バンクイックの申込から借入れまでの基本的な流れですが、バンクイックを申し込みをしてからすぐに仮審査があります。この審査に通ってから本審査があって、初めて借入ができるようになるというわけですが、この仮審査に受かった後に「もしかしたら落ちるかもしれない」と思うようです。確かに仮というふうに言われていますから、その後に決定がひっくり返されて、遅延していたからという理由で審査に通らないようなこともあると考えてしまうのもわかります。

ですがバンクイックの場合は仮審査に通ったらまず間違いなく借入は可能になると思っていていいでしょう。その理由は仮審査の段階で保証会社の審査に通っているからです。保証会社の審査に通ってしまえば、後はどの程度の借入れを許すかという借入枠の話だけになりますから、その借入枠をどのくらいにするかが決まって本審査に通る、ということになります。ですからほとんど気にすることはないのです。

ただ保証会社があとで決定を覆すという可能性もゼロとはいえません。信用が実は傷ついていたということがあとで分かったということもあるでしょうし、どこかと同時に申込みをしていることで「この人はもしかしたら返済が大変になるかもしれない」と考えて、あとで決定を覆すこともあるかもしれません。とは言え、ほとんどの場合はまず大丈夫です。信用情報を参照するときに間違う可能性は限りなく低いからです。

バンクイックは仮審査もあって、その後に借入れを否決されることもあるんじゃないかというのはよくわかります。しかしその否決する原因のほとんどは借入れをする側にあります。借入れをする側がもっと気をつけておくことで、バンクイックの仮審査から否決されるようなことを少なくすることができるのですから、返済が遅延してしまったりするようなミスを少なくしておくことが最も重要ではないでしょうか。