無理な返済がバンクイックでのテクニック

多少無理に返済をすることもうまく借金を利用するために必要!

返済をなんとなく行なっている、とりあえず毎月決まった額だけを入れているという人はもしかすると損をしているかもしれません。借入れに置いて返済というのはテクニックの一つでもありますが、あまりそれらをうまく利用しているという人はいません。返済をうまく行うことは借入をうまく行うことと同義であるといってもいいでしょう。いくつかのテクニックがあるのでご紹介します。

まず返済を毎月決まった額だけ入れるのなら、少し多めに返済するようにすることです。1000円だけでも多く返済するようにすることで金利を減らすことができます。バンクイックであれば自由に返済額を決められるので多めに毎月返済するように設定すると、非常にやりやすいでしょう。

もう一つのテクニックとしてバンクイックなどの繰り上げ返済が認められているカードローンであれば、給料日前に一気に返済をしてしまうという方法です。給料日前がなぜいいかというと、それ以上お金を使うことがないので最大限の返済が可能になるからです。例えばバンクイックの毎月の返済に加えて財布に残っている1000円や2000円といったお金を繰り上げ返済で給料日前に返済してしまうのです。そうすると次の日には給料が入ってきてますからお金は問題ありませんし、加えて返済も一気に進めることができるからです。

どうしてこのようにバンクイックなどで繰り上げ返済をする必要があるか?というと、二つの理由があります。一つは借入枠を空けておくことです。借入枠を空けておかなければ、いざというときにお金が必要だということになった場合、その借入ができなくなる可能性があるからです。

もう一つの理由が早めに返済をする、返済を毎月ちゃんと行うという意志を示すことによって、金融機関の信用を高めることになるからです。信用情報というのは借入れの時に必ず参照されるものですが、その信用が高くないと借入れもさせてもらえません。信用情報を綺麗に保ち、かつ「この人なら貸しても大丈夫だな」と思わせるためにも、この繰り上げ返済が重要なのです。増額申請などの時にも役立つ可能性があります。

返済というのはバンクイックなどを利用するとき、特に意識しておいたほうがいいのです。